ハウスメーカーの活用|注文住宅を購入する時に役に立つ知識

住宅

格式高い造りが魅力

家

高度な技術と細かい細工

宮大工とは、神社仏閣を建てる大工を指します。普通の住宅とは違い、求められる技術が高度であり、そのぶん歴史的価値や文化財としての価値もある素晴らしいものを作りだせる技術を持っています。宮大工になるためには最低でも10年以上の修行を積むことが大切とされています。使用する材料はすべて木材で、加工もすべて手作業で行います。その代表的な工法に木組みがあります。木組みでは釘や金物をほとんど使わずに、木に切り込みなどを作りはめ込んでいくことで木と木を丈夫に組み合わせていく技術です。切り込みなどもすべて手作業で削って行く作業は、熟練の宮大工のなせる業とも言えます。木材を知り尽くした宮大工の造った木造建築は地震の多い日本で威力を発揮します。

すぐれた技術

近年、宮大工が作る一般住宅が話題を呼んでいます。外国人観光客の増加とともに、和風な建築物が人気となり、旅館やホテルのリノベーションやリフォームで宮大工が活躍している現場もあります。日本古来の伝統技術を持っている宮大工の造る建築物は、地震にも強く質の高い家づくりを目指す方に人気が出るのもうなずけます。先祖代々の古い家を持っている場合、修理や修繕に費用も手間もかかりますが、宮大工では丁寧に補正や主膳を行い、古民家として生まれ変わることが可能になっています。また、彫り物や飾りなども宮大工の仕事です。襖の上にある欄間の細かい木彫りの造りは美しく、明かりとりや換気のためだけでなく、美しさも兼ね備えています。